NEWS

米国ヤマハが海軍特殊部隊 SEAL 財団の活動支援を目的に特別仕様の ATV を寄贈

海外軍事 Comments(0)

Photo: New Special Edition (SE) Viking VI Side-by-Side (SxS) vehicle
/ via Marketwired
米国ヤマハ発動機 (Yamaha Motor Corp., U.S.A.,) が、SEAL 米海軍特殊作戦家族財団 (SEAL-Naval Special Warfare Family Foundation (NSW) ) への支援を発表した。新型で特別仕様の ATV (All-Terrain Vehicle: 全地形万能車) 「バイキング 6 (Special Edition (SE) Viking VI Side-by-Side (SxS) ) 」30,000 ドル (=約 327 万円) 相当が、財団のおこなう年次募金活動の賞品として提供される。同社による NSW 財団への支援は 3 年連続となり、70,000 ドル (=約 763 万円) 相当が支援に充てられている。

関連記事:
米国ヤマハ、海軍特殊部隊 SEALs を支援するファミリー基金に新作 ATV を寄贈

SEAL-NSW ファミリー基金は、2008 年に米国の内国歳入法典第 501 条 C 項 3 号 (501 (C) 3 not-for-profit organization) の規定に基づき創設。連邦法人所得税免税や寄付税制上の優遇措置などの対象となる免税 (Exempted) 非営利公益法人となっており、国防のために身を投じて危険な任務に当たる SEALs 隊員とその家族の支援を幅広くおこなっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop