NEWS

クルド人スナイパーの放った 1 発でダーイッシュ (IS) の給油車が爆発・炎上

海外軍事 Comments(0)
戦時映像投稿サイトに、スナイパーの放った 1 発の弾丸によってタンクローリーが爆発・炎上する映像が投稿された。

アクション映画のワンシーンを髣髴させるこの映像は、丘陵地に設置された高性能な望遠レンズが、市街地の一画で動くタンクローリーを捉えているシーンから始まる。

関連記事:
1,340m の狙撃実績を持つ英軍狙撃手が今度は 1 発で 6 名の敵排除に成功
スナイパーは、タンクローリーのドアが開いたのを確認した後にトリガーを引き、1 発の曳光弾を発射。緩やかな放物線の軌跡を描いて着弾したその直後に大きなオレンジの炎を上げて爆発する様子が収められている。

映像は、イラク北部のシンジャル (Şengal) で、クルド人スナイパーがダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL) の所有するタンクローリーを狙ったものとみられており、トルコ語で「2015 年 7 月 14 日」の記載が確認できる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop