NEWS

クルド人スナイパーの放った 1 発でダーイッシュ (IS) の給油車が爆発・炎上

海外軍事 Comments(0)
戦時映像投稿サイトに、スナイパーの放った 1 発の弾丸によってタンクローリーが爆発・炎上する映像が投稿された。

アクション映画のワンシーンを髣髴させるこの映像は、丘陵地に設置された高性能な望遠レンズが、市街地の一画で動くタンクローリーを捉えているシーンから始まる。

関連記事:
1,340m の狙撃実績を持つ英軍狙撃手が今度は 1 発で 6 名の敵排除に成功
スナイパーは、タンクローリーのドアが開いたのを確認した後にトリガーを引き、1 発の曳光弾を発射。緩やかな放物線の軌跡を描いて着弾したその直後に大きなオレンジの炎を上げて爆発する様子が収められている。

映像は、イラク北部のシンジャル (Şengal) で、クルド人スナイパーがダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL) の所有するタンクローリーを狙ったものとみられており、トルコ語で「2015 年 7 月 14 日」の記載が確認できる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop