NEWS

メキシコ・アカプルコ市警の腐敗警官700人以上が武装解除。1,771挺の内342挺が所在不明

海外軍事 Comments(0)
メキシコ・ゲレーロ州のアカプルコ市は、嘗てセレブ御用達のリゾート地として有名だったが、近年では年間約700人が殺害される世界トップクラスの犯罪都市として知られている。そのアカプルコ市を管轄する市警察が、市の治安権限を失い解体寸前の事態となっている。
2018年9月25日、メキシコ政府は、以前より犯罪組織との癒着が疑われていたアカプルコ市警察に対し、メキシコ海兵隊とメキシコ連邦警察を派遣して強制捜査を実施した。署長など警察幹部ら6人を逮捕し、警察官700人以上の武装解除(銃器・弾薬・無線機・防弾ベストを押収)を行った。丸腰にされた警察官らは、警察官として適正であるかの検査と事情聴取を受けることになり、パトロールなどの警察任務は、海兵隊、陸軍、連邦警察が代行した。

その後、内部調査を進めた結果、市警察が管理する銃器1,771挺のうち342挺が所在不明になっていることが発覚し、ゲレーロ州治安当局(GCG:Grupo de Coordinación Guerrero)がアカプルコ市長に対して72時間以内に弁明するよう命じた。更に、600人以上の不適任者が警察官に採用された事実や任務報告書の捏造といった不正行為が次々と暴かれ、アカプルコ市の治安権限は市警察から州警察に移された。州当局は、犯罪件数が年々増加していながら怠慢な対処をしてきた市警察を強く批判し、引き続き内部調査を進めると表明した。

関連記事:
メキシコ治安当局、10 年間で13,000挺の銃火器を紛失。大部分は闇マーケットへ

地方警察(市警察)の警察官は、日ごろの鍛錬が不十分なうえ給料が安いため、犯罪組織からの脅迫に屈したり買収に応じる傾向にあるようだ。地方警察の腐敗は社会問題となっており、メキシコの他の地域では、麻薬密売組織に買収されたとの懸念から解体された事例がある。

関連記事:
麻薬カルテルの犯罪激化を背景に、メキシコの殺人事件が史上最悪ペース。7月だけで2,599件発生

Source: Acapulco police under investigation over alleged drugs gang links, Los militares mexicanos tomaron la policía de Acapulco por sospechas de inflitración crimina

Text: 弓削島一樹 - FM201810

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop