NEWS

「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施

海外軍事 Comments(0)
米ミシシッピ州ガルフポートでおこなわれた年次合同演習「サザーン・ストライク18(SSTK18: Southern Strike)」において、ノースカロライナ州フォート・ブラッグの陸軍「グリーンベレー」第3特殊部隊グループ(3rd SFG: Special Forces Group)の隊員らが近接戦闘(CQB: Close Quarters Battle)訓練を実施。その際の映像が空軍の第1戦闘カメラ飛行中隊のDVIDSチャンネルで紹介されている。
10月24日から11月4日に掛けておこなわれたこのサザーン・ストライク18は、主に空対空、空対地および特殊作戦訓練の機会に重点を置いた多域訓練演習で、地上の特殊部隊と空軍の戦闘機動部隊の行動を伴う、「敵対的」&「非対称」シナリオを統合している。10月31日におこなわれたこのCQB訓練は、空軍州兵の所有する「戦闘準備訓練センター(CRTC: Combat Readiness Training Center)」内の施設でおこなわれている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop