NEWS

「米国防総省は 9.11 同時多発テロ事件から 4 兆円以上の銃・弾薬を契約」英国 NGO 団体が報告

海外軍事 Comments(0)
「米国防総省は 9.11 同時多発テロ事件から 4 兆円以上の銃・弾薬を契約」英国 NGO 団体が報告
Air Force photo by Margo Wright
Image is for illustration purposes only.
2001 年 9 月 11 日に起きた米国同時多発テロ事件から間もなく 15 年を迎える中、英国ロンドンに拠点を置く NGO 団体の AOAV (Action on Armed Violence) が、「米国防総省はこの 14 年の間に、総額 400 億ドル (=約 4 兆円) 以上に及ぶ銃と弾薬に関する契約を発出した」とするレポートを発表した。
AOAV の研究チームは、事件発生の当日に遡り、2015 年 9 月 10 日までに国防総省が発出した契約情報をしらみつぶしに収集し加算するという、地道な作業の積み上げをおこなっている。

未成立分を含めた全契約、総額 40,164,323,221 ドルの内訳は以下の通り。

・小火器 42 億ドル (=約 4,200 億円)
・アタッチメント類 (スナイパースコープ、ライフルグリップ、マウント類など)
 112 億ドル (=約 1 兆 1,200 億円)
・弾薬、生産施設のアップグレードなど 246 億ドル (=約 2 兆 4,600 億円)

また資料では、国防総省発出の契約情報における 65% が 10 社で成約を獲得していることを示すなど、様々な角度からのカテゴライズ、分析がおこなわれ、興味深いものとなっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる
アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
 アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定 (2020-03-19 19:26)
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる (2020-03-18 22:17)
 アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷 (2020-03-17 17:21)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop