NEWS

ポケットサイズの超小型ドローン『ブラックホーネット』を米陸軍第82空挺師団がアフガニスタンに展開

海外軍事 Comments(0)
ポケットサイズの超小型ドローン『ブラックホーネット』を米陸軍第82空挺師団がアフガニスタンに展開
米陸軍第82空挺師団隷下の歩兵大隊が、ポケットサイズの超小型ドローンを初めて次期アフガニスタン展開の際に投入することが分かった。星条旗新聞(Stars and Stripes)が報じている。

関連記事:
米陸軍、分隊レベルでの運用の為にポケットサイズの超小型偵察ドローンを 2018 年までに配備を計画
ポケットサイズの超小型ドローン『ブラックホーネット』を米陸軍第82空挺師団がアフガニスタンに展開
Photo by Ben Nigro
超小型ドローンは、オレゴン州のフリアーシステムズ社(FLIR Systems Inc.,)製『ブラックホーネット(Black Hornet)』。ブラックホーネットは、ノルウェーの「プロックス・ダイナミクス社(Prox Dynamics AS)」が開発し、その後、2016年末にフリアー社が150億円超の巨費を投じて買収している。

関連記事:
フリアーシステムズがプロックス・ダイナミクスを 150 億円超で買収。超小型偵察ドローンの取得が狙い

昨秋、ノルウェーでおこなわれたNATO演習において、フリアー社幹部は「ブラックホーネットの重量は僅か2オンス(約57グラム)に満たず、1分以内に展開でき、1マイル(約1,600メートル)以上の範囲に飛ばすことができる」と語っている。

関連記事:
フリアーシステムズ社が米陸軍から超小型偵察ドローン『ブラックホーネット』の追加契約を獲得

Source: First Army battalion with mini drones heading to Afghanistan, PEO Soldier fields U.S. Army’s first personal Unmanned Aerial System

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ポラリス製民間仕様のATVで180件以上の車輌火災、4名死亡・30名が負傷。軍用『MRZR』を懸念する声も
米陸軍が将来の戦闘ブーツに役立つ可能性を持つ「目新しい素材」の市場調査通知を発出
米海兵隊が新型「熱帯ブーツ」2種類・計14万足を契約。一方で2020年夏には新型「極寒ブーツ」も
米鉄道警察で『SIG P320』ピストルが暴発。交通局は即時廃止を決め「Glock17」へ急遽リプレイス
オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入
「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ポラリス製民間仕様のATVで180件以上の車輌火災、4名死亡・30名が負傷。軍用『MRZR』を懸念する声も (2019-09-13 12:10)
 米陸軍が将来の戦闘ブーツに役立つ可能性を持つ「目新しい素材」の市場調査通知を発出 (2019-09-12 19:39)
 米海兵隊が新型「熱帯ブーツ」2種類・計14万足を契約。一方で2020年夏には新型「極寒ブーツ」も (2019-09-12 16:02)
 米鉄道警察で『SIG P320』ピストルが暴発。交通局は即時廃止を決め「Glock17」へ急遽リプレイス (2019-09-12 11:45)
 オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入 (2019-09-11 12:30)
 「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る (2019-09-11 11:28)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop