NEWS

ポケットサイズの超小型ドローン『ブラックホーネット』を米陸軍第82空挺師団がアフガニスタンに展開

海外軍事 Comments(0)
ポケットサイズの超小型ドローン『ブラックホーネット』を米陸軍第82空挺師団がアフガニスタンに展開
米陸軍第82空挺師団隷下の歩兵大隊が、ポケットサイズの超小型ドローンを初めて次期アフガニスタン展開の際に投入することが分かった。星条旗新聞(Stars and Stripes)が報じている。

関連記事:
米陸軍、分隊レベルでの運用の為にポケットサイズの超小型偵察ドローンを 2018 年までに配備を計画
ポケットサイズの超小型ドローン『ブラックホーネット』を米陸軍第82空挺師団がアフガニスタンに展開
Photo by Ben Nigro
超小型ドローンは、オレゴン州のフリアーシステムズ社(FLIR Systems Inc.,)製『ブラックホーネット(Black Hornet)』。ブラックホーネットは、ノルウェーの「プロックス・ダイナミクス社(Prox Dynamics AS)」が開発し、その後、2016年末にフリアー社が150億円超の巨費を投じて買収している。

関連記事:
フリアーシステムズがプロックス・ダイナミクスを 150 億円超で買収。超小型偵察ドローンの取得が狙い

昨秋、ノルウェーでおこなわれたNATO演習において、フリアー社幹部は「ブラックホーネットの重量は僅か2オンス(約57グラム)に満たず、1分以内に展開でき、1マイル(約1,600メートル)以上の範囲に飛ばすことができる」と語っている。

関連記事:
フリアーシステムズ社が米陸軍から超小型偵察ドローン『ブラックホーネット』の追加契約を獲得

Source: First Army battalion with mini drones heading to Afghanistan, PEO Soldier fields U.S. Army’s first personal Unmanned Aerial System

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop