ロシア「9x39」からリボルバー式エアソフト・グレネードランチャー『RG-6(6G30)』が発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from 9x39.ru
ロシア・エアソフトメーカー「9x39」が、リボルバー式グレネードランチャーの発売予告をおこなった。

開発が進められているのは、『RG-6 "Gnome"(GRAUコード: 6G30)』。全長520~680mm、重量5.6キログラム、6ショットの装填を可能とした製品で、市場に流通している多くのエアソフトランチャーとの互換性を持つようだ。

関連記事:
ウクライナの「Basmach Straykboll」がロシア版リボルバーランチャー『RG-6』のエアソフト製品を開発中
9x39は「すぐにもお目に掛けられる」とのコメントを残しているが、ロシア版フェイスブック「フコンタクチェ(VK)」には、「2019年初頭にも試作モデルが上がる」とした書き込みもみられる。なお、価格については現在のところ記載が見当たらない。


Photo from Basmach Straykboll
RG-6は、1993年から翌94年に掛けて「トゥーラ市のスポーツ・狩猟用火器中央設計研究局(TsKIB SOO: Central Design Bureau for Sporting & Hunting Firearms, located in the city of Tula, Russia)」によって開発された、40mm VOG-25に対応するグレネードランチャー。外観上は、南アフリカのミルコー(Milkor)社が先行して開発したリボルバー・ランチャー「MGL(Multiple Grenade Launcher)」の影響を受けている。市街地戦における歩兵の火力増強を目的に運用が進み、現在までに陸軍や内務省の特殊部隊などでも利用されている。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
 電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン (2018-10-25 13:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop