NEWS

米空軍の『A-10』攻撃機は2030年まで飛び続ける

海外軍事 Comments(0)
米空軍の『A-10』攻撃機は2030年まで飛び続ける
Photo by Senior Airman Corey Hook
近接航空支援(CAS)の傑作機、『A-10』攻撃機が2030年まで運用される。上院軍事委員会の2020会計年度「国防権限法(NDAA: National Defense Authorization Act)」が示したもので、議会は2030会計年度を通じて、A-10飛行隊に向けて進行中の近代化対策を推進することにより、制空権(air superiority)の維持を図るとしている。

関連記事:
A-10C攻撃機が退役した場合、直ちに「攻撃管制」「戦闘捜索救難」に穴があく。米シンクタンク評価レポート
A-10は、前バラク・オバマ政権下のアシュトン・カーター国防長官の時代において、繰り返し空軍の予算削減に晒された。当時は、F-35統合打撃戦闘機計画への予算充当が優先されていたこともあり、F-35がA-10に代わる主要なCAS機として使用されることになっていた背景があり、A-10は2022年に完全退役が予定されていた。

関連記事:
米空軍、対地攻撃機 A-10 の退役を「無期限延期」へ。ダーイッシュ (IS) との戦闘が背景に

Source: Good News for Boeing and Northrop: A-10 Warthogs Will Keep Flying Through 2030

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop