NEWS

カナダ軍特殊作戦司令部(CANSOFCOM)の兵士が装備品をネットで不正転売し身柄拘束

海外軍事 Comments(0)
カナダ軍特殊作戦司令部(CANSOFCOM)の兵士が装備品をネットで不正転売し身柄拘束
A screenshot from Canadian Armed Forces
This photo is for illustrative purposes only.
カナダの軍特殊作戦司令部(CANSOFCOM)に所属する兵士が、現金をくすね、装備品を盗み出してネットで密売し、軍人としての信用を失墜させたとして逮捕・起訴されたことが分かった。
身柄を拘束されたのは、オタワの軍特殊作戦司令部に所属するペドロ・コリヤー(Pedro Collier)伍長。軍国家調査局(CFNIS: Canadian Forces National Investigation Service)の発表によると、コリヤー容疑者は2015年12月から2017年3月に掛けて、5,000ドルを超える現金を盗んだ他、被服や、発電機、C7ライフルの部品、バッテリー、サングラス、銃クリーニングキット、GPS、時計といった23,500ドル相当の装備品を窃盗していた。

ネット上に出品されていた品々を不審に思った市民からの通報を受け、2017年3月より警察が調査を開始。盗品の大部分となる19,000ドル相当は憲兵に返納さたが、およそ4,600ドル相当の品がネット販売によって売りさばかれていた。

CANSOFCOMには司令部の他に、①JTF2(Joint Task Force 2)、②特殊作戦連隊、③第427特殊作戦飛行戦隊、④統合緊急事態対応部隊、⑤特殊作戦訓練センターと5つのユニットがあるが、コリヤー容疑者がいずれの所属であったか、具体的な情報は明かされていない。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop