NEWS

オーストリア陸軍特殊部隊「ヤークトコマンド」のハンドラーが給餌中の軍用犬に噛まれて死亡

海外軍事 Comments(0)
オーストリア陸軍特殊部隊「ヤークトコマンド」のハンドラーが給餌中の軍用犬に噛まれて死亡
Photo by Staff Sgt. Patrick Evenson
This photo is for illustrative purposes only.
オーストリア国防省は14日、ニーダーエスターライヒ州ウィーナー・ノイシュタットの飛行場兵舎で、給餌中のハンドラー×1名が軍用犬によって噛み殺されていたことを発表した。その後の国内報道によると、死亡したのは陸軍特殊部隊「ヤークトコマンド(Jagdkommando)」の軍曹(31歳)だった。
13日1600頃、ハンドラーは5頭の収納された犬舎に向かった。2頭の給餌をおこなっていたとされるも、翌深夜0145に、ぐったりとしたハンドラーの姿が確認された。すぐに救急車両が駆け付けたが、多数の咬傷により搬送先で死亡が確認されている。

参考:軍特殊部隊に所属する優秀な軍用犬の活躍
関連記事:
フランス軍特殊部隊「第1海兵歩兵落下傘連隊(1er RPIMa)」の一員、軍用犬『Lioda』の訓練映像

兵士を死に至らしめた2頭はいずれも「ベルジアン・シェパード(Belgian Shepherd)」とされる。その内の1頭は訓練を受けた軍用犬で、もう1頭は生後6ヶ月と若く、訓練が始まったばかりだったようだ。
軍には現在、ロットワイラー×41頭、ベルジアン・シェパード×15頭、ジャーマン・シェパード×5頭、ラブラドール×9頭の計70頭が在籍しているという。

軍曹は2017年よりハンドラーとして活躍。軍用犬の扱いに慣れていたと考えられており、原因は明らかになっていない。
なお今回の事故を受けて、ミヒャエル・バウアー(Michael Bauer)大佐は地元放送局の取材に対して、「これまで誰も怪我をしたことはない」と語っている。
事故後、陸軍は獣医師や法律専門家などで構成する事故委員会を設立し、警察による調査を進めている。

Source: Presseaussendung vom 14. November 2019

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
 アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定 (2020-03-19 19:26)
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる (2020-03-18 22:17)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop