台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示
Photo from ARCHWICK Airsoft Company
台湾で開催されたトイガンとミリタリーの一大イベント、「MOA(Military Outdoor Airsoft Exhibision)2019」において、「ARCHWICK」が『Mk13 Mod 7』スナイパーライフルを展示した。
台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示
Photo from ARCHWICK Airsoft Company
Archwick Mk13はエアコッキング・ボルトアクション式で、本体には「アキュラシー・インターナショナル(AI: Accuracy International)」の刻印がしっかりと入っている。それを裏付ける形で、「正式ライセンス品(officially licensed)」というファン垂涎の一言を添えて紹介されている。

Archwickエアソフト社は、エアソフトガンやその関連アクセサリ、アップグレードパーツなどの製造を手掛けている。自社ブランド品の製造以外にも、デンマークのエアソフト企業「ASG(Action Sport Games)」など、大規模なグローバル・ディストリビューターとも連携しているという。

一方でAI社のコーポレートサイトを見てみると、「ASG社はエアソフトガンをはじめとしたレプリカ製造の世界的なリーダーだ」とし、ビジネスパートナーとしての関係も示されている。

Mk13 Mod 7
Mk13 Mod 7は、米海兵隊リーコンやスカウトスナイパーの武器庫のリストへ新たに加わった長距離スナイパーライフル。

「M40A6」をリプレイスするもので、.300ウィンチェスター・マグナム弾を採用したことにより、これまで900メートルほどであったM40の射程を300メートルほど延伸し、1,200メートルの射程を持つ。またM571デイオプティクス(enhanced scope)を備え、射手はより遠くにいるターゲットを識別できるようになっている。

こうした「距離」「精度」の両面で狙撃能力の向上を図ることで、戦場での優位性確保を実現しており、既に特殊部隊『MARSOC』では「主力スナイパーライフル(primary sniper rifle)」の位置づけで運用されている。

関連記事:
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達

Source: Archwick official FaceBook

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
全国サバゲーフィールド紹介第一弾「Tactics Field」
災害に、アウトドアに、一つあると心強いライト、 SureFire(シュアファイア) その2 そもそも明るいってナニ?
災害に、アウトドアに、一つあると心強いライト、 SureFire(シュアファイア) その1 歴史編
マグプル社 MP5サブマシンガン用アクセサリーパーツを発売
コルト・カナダ社 カナダ軍の新型C20セミオート狙撃銃の量産を開始
リューポルド社 マイクロドットサイト「Deltapoint」のナイトビジョン対応版を発売
 全国サバゲーフィールド紹介第一弾「Tactics Field」 (2021-10-01 19:00)
 災害に、アウトドアに、一つあると心強いライト、 SureFire(シュアファイア) その2 そもそも明るいってナニ? (2021-09-14 17:45)
 災害に、アウトドアに、一つあると心強いライト、 SureFire(シュアファイア) その1 歴史編 (2021-09-02 16:13)
 マグプル社 MP5サブマシンガン用アクセサリーパーツを発売 (2020-06-02 21:08)
 コルト・カナダ社 カナダ軍の新型C20セミオート狙撃銃の量産を開始 (2020-05-31 19:00)
 リューポルド社 マイクロドットサイト「Deltapoint」のナイトビジョン対応版を発売 (2020-05-31 07:59)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop