NEWS

厚さ2.5mmなのに.44マグナムも止められる防弾プレート「Ally One」

海外軍事 Comments(0)
防弾装備の進歩の速さは驚くべきものがある。Angel Armor社の「Ally One」は厚さわずかに2.5mmながら防弾性能は.44マグナム弾をも止められるNIJレベル3aを達成した、驚くべき防弾プレートだ。

「Ally One」はこのようにバックパックやブリーフケースの中に入れて使用することを前提とした防弾プレート。

Photo from Angel Armor
各種サイズが用意されており、最も小さなものは20.3 x 27.9 cm、重さ310グラム、厚さは0.1インチ強(約2.5mm)と一般的なプレートと比べかなりコンパクト。

Photo from Angel Armor

見た目の華奢さに反し.45口径、9mm、10mmとも貫通させずに止めることができる。衝撃を吸収する能力には乏しく見えるため身につけた場合の負傷は免れないだろうが、いざという時のためにカバンに入れておくには最適だろう。

Photo from Angel Armor

Source: Ally One | Angel Armor

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop