【海外エアガン】今度はダブルバレルのダブルカラム1911! AWの「HX2101/2102」が新登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
以前に「Cybergunからダブルバレル1911「Dueller 1911」が新登場」という話題を紹介しましたが、この手のダブルバレルハンドガンが流行っているのか、今度はダブルバレルのハイキャパ(ダブルカラム1911)が発売されました。

関連記事:
【海外エアガン】Cybergunからダブルバレル1911「Dueller 1911」が新登場
製品リンク:http://www.armorerworks.com/guns/pistols/hx-series/hx-double-barrel.html

アーマラー・ワークス (AW: Armorer Works) というメーカーの「HX21シリーズ」で、写真の2トーンモデルは「HX2101」。もう1つ、ブラックモデルは「HX2102」。
タダでさえ厚みのあるハイキャパモデルをくっつけたため、グリップ部のボリュームがすごいことになっています。
そしてマガジンはこんな感じ。
通常のハイキャパマガジンをボトムプレートでまとめたものではなく、専用の一体シェルに収まっています。

大まかなスペックは・・・
・全長 : 223mm
・高さ : 159mm
・重さ(本体のみ) : 715g
・重さ(マガジン) : 335g
・インナーバレル長: 110mm
・装弾数:30+1✕2

アメリカの大手販売店、evikeで販売されていました。
こちらによると初速は300〜330fps(グリーンガス、0.2g弾)で価格は150USドル。
北米仕様なので銃口部がオレンジ色なのはご愛嬌。

このevikeのyoutube動画もありましたので、興味がある人はぜひご覧下さい。
AW Custom Double Barrel Hi-Capa Pistols [The Gun Corner] Airsoft Evike.com

実用性はともかく、コレクションとしてはかなり興味深いのではないでしょうか。
ただし素材がフルメタルだったりパワー的な問題だったりと、この製品は日本国内だと法律に触れる可能性があります。
日本向けに134a仕様でABS素材のバージョンって出してくれないかなぁ。

Text: 乾宗一郎 - FM201610

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない
台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場
ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定
ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売
シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表
【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売
 2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない (2019-01-16 17:19)
 台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場 (2019-01-16 13:29)
 ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定 (2019-01-11 13:59)
 ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売 (2019-01-11 13:49)
 シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表 (2019-01-08 16:09)
 【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売 (2019-01-07 09:00)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop