NEWS

アメリカ陸軍がフェデラル社製の貫通力を高めた9mm弾を実験的に使用中

海外軍事 Comments(0)
アメリカ陸軍がフェデラル社製の貫通力を高めた9mm弾を実験的に使用中
Photo courtesy of Federal.
軍事用弾薬をとりまく環境は、防弾装備の充実、交戦距離の拡大とともに厳しくなりつつある。先日アメリカ陸軍は次世代分隊火器用として6.8mm弾を採用したが、拳銃用の9mm弾においても同様の動きが見られる。
先般の新制式拳銃「MHS」採用コンペでは、拳銃本体に加えより高威力の弾薬もセットで募集を行い、ウィンチェスター社のジャケテッド・ホローポイント弾を「特殊用途向け」のXM1153弾として採用した。

参考:
ウィンチェスター社がアメリカ軍用の新型9mmホローポイント弾を展示 - ミリブロNews
米軍の新制式ハンドガン「XM-17」にホローポイント弾頭が採用される可能性が高まる - ミリブロNews

これは体内で大きく変形することで周辺組織を破壊する効果を狙ったものであるが、防弾プレートを着た兵士や遮蔽物の向こうにいる相手に対しては貫通力が不足し、身体中枢の破壊に至らない恐れが出てきた。

大手弾薬メーカーのフェデラル社がMHSコンペに提出した「EBR(Enhanced Ball Round……強化ボール弾)」はスチールの弾芯が銅のジャケットから露出したデザイン。弾頭重量は103グレインとやや軽量であるが、高い貫通力をもって相手を無力化する確率を高めるというものだ。

EBRはグロックと組んだMHSコンペでは敗退したものの、その後陸軍の技術交換イベントであるArmy Expeditionary Warrior Experiment(AEWE)への出展を通じてテストが続いているとのこと。M17/M18だけでなく、既存のM9拳銃などでも使用でき、威力の向上が見込めるという。

Source: U.S. Soldiers to receive special purpose 9mm rounds – Defence Blog

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201906
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名
「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討
米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始
米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中
米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト
米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名 (2019-06-26 11:27)
 「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討 (2019-06-25 19:03)
 米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始 (2019-06-25 18:42)
 米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中 (2019-06-25 13:32)
 米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト (2019-06-24 17:59)
 米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給 (2019-06-21 11:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop