NEWS

オーストラリア軍が特殊作戦用途のヘリコプターを「ブラックホーク」から『MRH90 タイパン』へ完全切り替え

海外軍事 Comments(0)
オーストラリア軍が特殊作戦用途のヘリコプターを「ブラックホーク」から『MRH90 タイパン』へ完全切り替え
オーストラリア国防軍が特殊作戦用途において、シコルスキー製「S-70A ブラックホーク・ヘリコプター」からNHインダストリーズ(NHI)製『MRH90 タイパン(Taipan)』への完全切り替えを視野に入れたことが分かった。

関連記事:
オーストラリアが都市部での対テロ運用に特化した新型軽攻撃ヘリ導入を計画。初配備は第1コマンド連隊か
国防省のヘリコプター部門トップ、ジェレミー・キング(Jeremy King)准将が、IQPC国際軍用ヘリコプター会議(施:英ロンドン、2/5~7)の席上で言及している。
キング准将はまた、「今月1日に第一陣となる2機が特殊部隊連隊に納品されたのを受けて、同数のブラックホークが退役している」「カウンターテロおよびオフショアの特殊作戦能力をMRH-90に集約し、現在軍で運用している20機のブラックホークは2021年12月までに退役が予定されている」と述べている。

Source: SOF begins transition to MRH-90 Taipans

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop