NEWS

オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注

海外軍事 Comments(0)

Photo from BM.I Bundesministerium für Inneres
This photo is for illustration purposes only.
オーストリア内務省が、今年第一四半期に、国内の対テロ特殊部隊「コブラ(EKO Cobra)」向けにラインメタル製「VarioRay」レーザー・ライト・モジュール製品×580セットの発注をおこなっていたことが分かった。


Photo from Rheinmetall Defense


Photo from Rheinmetall Defense
ラインメタル社によると、契約は100万ユーロ(=約1億2,400万円)を超える案件となり、現在引き渡し状態に入っているとのこと。
オーストリアは昨年、国防スポーツ省が陸軍の「StG 77(ステアーAUG)」用に600セットとMG74機関銃用に164セットの「戦術レーザーライトモジュール(TLLM: Tactical Laser Light Module)」を総額100万ユーロ(=約1億2,400万円)を超える予算を投じて手配を掛けている。

ラインメタル社製レーザーライトモジュールは、英陸軍、ドイツ連邦軍をはじめ各国軍隊・治安部隊で導入されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ポーランド国防省が60mm軽迫撃砲『LMP-2017』を取得。領土防衛軍の全軽歩兵中隊に配備へ
米陸軍が『eスポーツ』オンライン競技会への参戦を発表。「新兵募集活動」を目的に若者文化へ接近
中米エルサルバドルには自ら武装してギャングと戦う市長がいる
フェデラル・アミュニションが米海軍海上戦闘センター・クレーン局から『MK 318 Mod 0』弾・46.5億円を受注
NFLスタープレイヤーが「国家の英雄」とその家族を称えるためリーボック製スニーカーの発売を企画。全額を寄付へ
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ポーランド国防省が60mm軽迫撃砲『LMP-2017』を取得。領土防衛軍の全軽歩兵中隊に配備へ (2018-12-18 16:10)
 米陸軍が『eスポーツ』オンライン競技会への参戦を発表。「新兵募集活動」を目的に若者文化へ接近 (2018-12-18 14:03)
 中米エルサルバドルには自ら武装してギャングと戦う市長がいる (2018-12-17 17:18)
 フェデラル・アミュニションが米海軍海上戦闘センター・クレーン局から『MK 318 Mod 0』弾・46.5億円を受注 (2018-12-17 17:03)
 NFLスタープレイヤーが「国家の英雄」とその家族を称えるためリーボック製スニーカーの発売を企画。全額を寄付へ (2018-12-14 12:37)
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop