NEWS

オーストリア軍対テロ特殊部隊『ヤークトコマンド』に国産シュタイヤー・マンリヒャー製の新型狙撃銃『SSG M1』が配備

海外軍事 Comments(0)
23日、オーストリアの中央に位置し、首都ウィーンから南方に60キロメートルほど離れた「ウィーナー・ノイシュタット」で記念式典がおこなわれた。同地は軍の対テロ特殊部隊である『ヤークトコマンド(Jagdkommando)』の司令部として知られる。

Foto: Bundesheer/Pusch
式典の中でマリオ・クナセク(Mario Kunasek)国防・スポーツ大臣からヤークトコマンドの精鋭スナイパーに新型スナイパーライフルが手渡された。

NEW STEYR SSG M1
この新型スナイパーライフルは、国産「シュタイヤー・マンリヒャー(Steyr-Mannlicher)」製『SSG M1』。8.6×70/.338ラプアマグナム(LM)弾に対応するマルチキャリバーで、その射程は1,200メートル。10発装弾の弾倉を備え、重量は9.25キログラム。発砲時に射手の居場所を知らせぬようマズルフラッシュダンパーを備えている。オーストリアはこの中距離スナイパーライフルを120挺、160万ユーロ(=約2億円)分の発注を掛けていた。(単純計算で1挺当たり約167万円)


Foto: Bundesheer/Pusch
またこの日の式典では、精鋭隊員らが使用する講義ホールもお披露目となっている。こちらの建造費用は総額でおよそ700万ユーロ(=約9億円)とのこと。

式典の中でクナセク大臣は「彼ら精鋭隊員に対して訓練の一環で使用される施設と、近代化された武器という重要な投資がおこなえ、本日無事手渡すことができたことを大変嬉しく思う」と述べている。

Source: Jagdkommando: Kunasek übergibt neues Unterkunftsgebäude und Scharfschützengewehr

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop