NEWS

オーストリア軍対テロ特殊部隊『ヤークトコマンド』に国産シュタイヤー・マンリヒャー製の新型狙撃銃『SSG M1』が配備

海外軍事 Comments(0)
23日、オーストリアの中央に位置し、首都ウィーンから南方に60キロメートルほど離れた「ウィーナー・ノイシュタット」で記念式典がおこなわれた。同地は軍の対テロ特殊部隊である『ヤークトコマンド(Jagdkommando)』の司令部として知られる。

Foto: Bundesheer/Pusch
式典の中でマリオ・クナセク(Mario Kunasek)国防・スポーツ大臣からヤークトコマンドの精鋭スナイパーに新型スナイパーライフルが手渡された。

NEW STEYR SSG M1
この新型スナイパーライフルは、国産「シュタイヤー・マンリヒャー(Steyr-Mannlicher)」製『SSG M1』。8.6×70/.338ラプアマグナム(LM)弾に対応するマルチキャリバーで、その射程は1,200メートル。10発装弾の弾倉を備え、重量は9.25キログラム。発砲時に射手の居場所を知らせぬようマズルフラッシュダンパーを備えている。オーストリアはこの中距離スナイパーライフルを120挺、160万ユーロ(=約2億円)分の発注を掛けていた。(単純計算で1挺当たり約167万円)


Foto: Bundesheer/Pusch
またこの日の式典では、精鋭隊員らが使用する講義ホールもお披露目となっている。こちらの建造費用は総額でおよそ700万ユーロ(=約9億円)とのこと。

式典の中でクナセク大臣は「彼ら精鋭隊員に対して訓練の一環で使用される施設と、近代化された武器という重要な投資がおこなえ、本日無事手渡すことができたことを大変嬉しく思う」と述べている。

Source: Jagdkommando: Kunasek übergibt neues Unterkunftsgebäude und Scharfschützengewehr

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初
『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす
ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に
米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告
『SIG P320』落下暴発で集団代表訴訟。ドイツ本国は自主回収で3,500万ドル(約39億円)の下方修正を計上
オーストラリア軍の新型制式小銃『EF88 Austeyr』に重大な欠陥。「突発的な爆発」で兵士が顔面を負傷
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初 (2019-03-14 12:59)
 『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす (2019-03-13 12:09)
 ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に (2019-03-12 13:57)
 米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告 (2019-03-08 11:45)
 『SIG P320』落下暴発で集団代表訴訟。ドイツ本国は自主回収で3,500万ドル(約39億円)の下方修正を計上 (2019-03-07 15:34)
 オーストラリア軍の新型制式小銃『EF88 Austeyr』に重大な欠陥。「突発的な爆発」で兵士が顔面を負傷 (2019-03-07 13:00)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop