NEWS

スマート繊維技術を投入した次世代コンバット・ハーネス「ブロードソード・スパイン (Broadsword Spine) 」

海外軍事 Comments(0)
無線通信機器や夜間暗視装置をはじめ、戦場におけるアドバンテージを確保するにあたって、個人装備のハイテク化に拍車が掛かる現用戦の中で「電源」としてのバッテリーの供給とその確保は、従来の弾薬確保と並ぶほど重要な位置付けとなっている。

一方で、兵士が携行するそれら装備品の肥大化進むことによって、その重量負荷や嵩張りの軽減は喫緊の課題となり、各国の軍需メーカーが凌ぎを削って、日夜その開発と試験に取り組んでいる。

関連記事:
最先端のウェアラブル技術を投入したハイテク電子装備ソリューション
スマート繊維技術を投入した次世代コンバット・ハーネス「ブロードソード・スパイン (Broadsword Spine) 」
Photo: Broadsword Spine via BAE Systems
BAE システムズは 7 月 11 日、世界的なスマート繊維 (e-textile) の開発事業者である「インテリジェント・テキスタイルズ社 (Intelligent Textiles Limited) 」との間で、低コスト大量生産の画期的なウェアラブル製品を供給するため、新たな独占契約の合意に至ったことを発表。また、7 月 11 日から 17 日に掛けてイングランド ハンプシャーで開催されたファーンボロー国際航空ショーの会場で、次世代コンバットハーネスの「ブロードソード・スパイン (Broadsword Spine) 」を展示している。

ブロードソード・スパインは、迅速かつ容易に兵士の衣服の中に埋め込むことのできるスマート繊維 (e-textile) 技術を使った戦闘用ハーネス。所定の位置に取り付けられた際、データネットワークと電源供給装置として機能し、導電性のファブリックを利用することで、煩わしく嵩張るワイヤーやケーブルを減らすことができる。

また、装置にはバッテリーパック単体と 8 つの USB ポートを備えており、最大で 180 ワットの電源を供給。兵士は、このコンバットハーネスを着用することで、軽量でシンプルな形状の恩恵に預かりながらも、様々な電子装置の利用が可能となり、本稿冒頭で紹介した諸問題に対する潜在的なソリューション製品として位置付けられている。

BAE システムズでは、軍・法執行機関の隊員や、消防、レスキューなど過酷な環境下で任務に当たり、ウェアラブル化された電子装備の必要性に迫られるユニットに向けた提供を想定している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop