ウクライナの「Basmach Straykboll」がロシア版リボルバーランチャー『RG-6』のエアソフト製品を開発中

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Basmach Straykboll
6発装填のセミオートマチック式リボルバー型グレネードランチャー、ロシアの『RG-6』をモデルにしたエアソフトの開発が進んでいる。
ウクライナのドニプロペトローウシク州ドニプロでエアソフト関連製品の開発を手掛けている「Basmach Straykboll」が、ロシア版フェイスブック「フコンタクチェ(VK)」を通じてその経過を公開中。

Photo from Basmach Straykboll
RG-6(GRAUコード:6G30)は、1993年から翌94年に掛けて「トゥーラ市のスポーツ・狩猟用火器中央設計研究局(TsKIB SOO: Central Design Bureau for Sporting & Hunting Firearms, located in the city of Tula, Russia)」によって開発された、40mm VOG-25に対応するグレネードランチャー。外観上は、南アフリカのミルコー(Milkor)社が先行して開発したリボルバー・ランチャー「MGL(Multiple Grenade Launcher)」の影響を受けている。市街地戦における歩兵の火力増強を目的に運用が進み、現在までに陸軍や内務省の特殊部隊などでも利用されている。

エアソフト版は本体の大部分をD16Tアルミニウム合金製とし、その重量は3.25キログラムになるとしている。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
 WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』 (2018-12-12 16:29)
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop