トヨタ製ランドクルーザー&ハイラックスを特殊作戦用にカスタム。バテル記念研究所の製造ライン映像

海外軍事 国内軍事関連 Comments(0)
米国のバテル記念研究所(Battelle Memorial Institute)がこのほど、「装甲・非装甲市販車輌」と名付けたカスタム過程の様子を収めた映像を投稿した。同研究所では、12年以上にも渡ってこうした戦術用途の特殊車輌のカスタマイズを手掛けている。

Screenshot from BattelleInnovations
カスタマイズは、内装、外装はもちろんのこと、電気系統やシャーシ、耐衝撃用サスペンションなど、ありとあらゆる箇所に手が入れられており、過酷な紛争地での展開を見据え、耐久性、機動性、信頼性、通信性、生存性などの向上策が様々に講じられている。

関連記事:
トヨタ製ハイラックス、ランクルをベース車輌とした米軍特殊部隊の『特別設計・規格外市販車輌(PB-NSCV)』計画

中東・北アフリカをはじめ、世界各地の紛争地でその優れた悪路走破性と壊れないという信頼性から絶大な支持を獲得してきたトヨタ製ランドクルーザー、ハイラックス。とりわけ秘匿裏に展開する特殊部隊の兵士においては、現地の車事情にも馴染むなど、多くの利点を持つことから、特殊作戦用の御用達車輌として定着している。

それを裏付ける形で2016年7月、米軍特殊作戦司令部(USSOCOM)が、世界最大の独立系研究機関として知られる同国のバテルとの間で、市販されているSUVを特殊作戦用途に「特別カスタム」することを盛り込んだ、総額1億7,000万ドル(=約179億円)におよぶ契約を交わしている。

関連記事:
米特殊作戦司令部 (USSOCOM) が SUV など市販車輌を特別カスタムする為に 179 億円を投入

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop