米ノースダコタ州ビスマーク警察署が『SIG P320』×140挺の採用を発表

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from SIG Sauer
米ノースダコタ州のビスマーク警察署が、シグ・サワー(SIG Sauer)社製のストライカーピストル『SIG P320』×140挺を採用する。いずれも素早い照準に優れた効果を発揮する、同社製スリードットのトリチウムサイト『X-RAY3 DAY/NIGHT SIGHTS』が取り付けられる。
採用試験にはSIG P320の他、「スミス・アンド・ウェッソン(S&W: Smith and Wesson)製M&P 2.0」と「グロック(Glock)17、19」が持ち込まれている。
シグ社は、「認定インストラクターによる多くの意見で、P320がグロック製品を上回った」とする同署の見解を掲載している。具体的なところでは、射手の好みに応じてグリップサイズが3パターンに変更でき、ハンドリング性能の大幅な向上に期待できる点や、箱出しすぐに精度の高い射撃がおこなえる点などが挙げられている。
タグ :SIG P320X-RAY3

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop