速報:第4回「マルフェス」でガスブロ版89式小銃、M45A1、スコーピオンMod.M、MTR16、PPCが新登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 イベント開催情報 レポート Comments(0)
今日、明日と東京・秋葉原で開催中の「東京マルイフェスティバル4th」。エアソフト世界トップメーカーとして知られる同社の新たな製品発表会として定着したこのイベントで、年末はもとより来年度に掛けて発売されるファン必見の製品が公開された。

本投稿では、パネル情報を基にした最新情報を、追って各製品の詳報をお届けしたい。

東京マルイ公式ページ:
http://www.tokyo-marui.co.jp/event/festival/201711/
陸上自衛隊制式採用
ガスブローバック89式5.56㎜小銃(固定銃床モデル)
Type 89 5.56mm Assault Rifle Gas Blowback Fixed Stock Model
1. Zシステム89式バージョンを搭載
2.3バーストメカを標準搭載
3.ボディーは膨大な資料を基に、電動ガン以上に可能な限り忠実に再現
・ハンドガードはスチールプレス+樹脂製
・アッパー&ロアーフレームは亜鉛ダイカスト製
・アウターバレルはアルミ切削
・ダストカバーは可動式
・ボディー刻印は現行型。89Rタイプ
・新規グリップは内部も忠実に再現
・フロント&リアサイトも調整可能
・リアサイト調整ダイヤルは刻印、メモリには白入れを追加
・フラッシュハイダーはアルミ切削。ダブルナット方式
・左右非対称のストック
4.テイクダウンギミックも可能な限り再現
 ロングストローク・ボルトキャリア形状も再現
5.新規マガジン35発はアルミダイキャスト製
 残弾口も再現。M4シリーズマガジンとの互換性あり
6.セレクターはアンビタイプの左右切り替えレバーを標準装備
7.バイポッドも標準装備
8.可変ホップダイヤルはハンドガード内バレル基部に設置

価格未定・鋭意進行中。2018年春新発売予定





ガスブローバック マシンガンシリーズ
マルチ・タクティカル・ライフル 16インチバレル
Multi Tactical Rifle 16inch (MTR 16)
・ZET System搭載ガスブローバックモデル
・極限までアルミを肉抜きした軽量化16インチ/Mロック式レイルを装備
・実銃界ではもはやメジャーなサイド2ポートコンプ
・ツイスト状に肉抜きを施しシルバー仕様のライトウェイトバレル16インチコンプ
・ガスブローバック初のM4/20連型マガジンをモデルアップ
・バーティカル(垂直)デザイングリップはストックを畳んだ状態でも握り易い角度
・フレーム後端にはQDスリングアダプターが装備。銃全体では5か所のQDを装備
・ストックにピカティニーレイルを装備し、伏せ撃ちを安定させるモノポッドなどを装備できる
・形状を変更できる「トランスフォーム・ストック」
・大型化し、アンビ(左右使用可能)チャージングハンドル搭載
・アンビ・マグキャッチ、アンビ・セフティ、アンビ・ボルトキャッチ
 各パーツを大型化し、左右どちらでも対応でき、操作性の向上を図っている

価格未定・鋭意進行中
2018年新発売予定



電動コンパクトマシンガン
スコーピオン モッドエム
Scorpion Mod.M
・マズルガードはストライクフェイス形状で、逆に装着すれば「突起なし」になる
・アウターバレル、ボルト、トリガーはゴールドカラーを選択
・フォールディングストックは樹脂製で軽量化
 ロック機構付きで畳んだ時ストックをしっかり握れる
・力強いワッフルパターンストレートマガジンは260連射(予定)マガジン標準装備
・バッテリーはVz.61同様グリップ内部。7.2V、500mAhマイクロ500バッテリーを使用
・M-LOK対応
・写真のマイクロプロサイトは別売

価格未定・鋭意進行中
2018年春新発売予定



レイルド.45口径ガバメント誕生
ガスブローバック式M45A1 CQBピストル
GAS Blowback M45A1 CQB Pistol
・高効率な新型ブローバックエンジン。ガス消費量を抑えつつ、リコイルショックを強化
・新型シュートリコイルシステム。アウターバレルとスライド間のフリクションを減少させ、スムーズな作動性を確保
・正式ライセンス刻印入りノバックリアサイト
・実銃の積層模様をリアルに再現したグリップパネル
・東京マルイ製、シングルスタッグ・ガバ系既存製品(デトニクスは除く)用のマガジンも使用可能
・可変ホップシステム搭載

メーカー希望小売価格:18,800円
2017年末発売予定



10歳以上エアーコッキング・リボルバーシリーズ
パイソンPPCカスタム4インチ ブラックモデル
Python PPC Custom 4inch Black
・角型ブルバレルを再現
・PPC競技用サイトを再現
・スイングアウトも可能
・リアルなカートリッジ着脱式
・シングルアクション方式

価格未定・鋭意進行中
2018年新発売予定

再販決定、次世代電動ガンAK74MN

Photo: 乾宗一郎

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中
多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催
ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
 Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中 (2018-11-19 14:14)
 多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催 (2018-11-19 13:43)
 ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也 (2018-11-16 12:22)
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop