NEWS

2017年に4万名近くが銃器関連で死亡―米疾病対策センター(CDC)が報告。統計開始以来で最悪

海外軍事 Comments(0)
2017年に4万名近くが銃器関連で死亡―米疾病対策センター(CDC)が報告。統計開始以来で最悪
Photo from Federal Bureau of Investigation (FBI)
This photo is for illustrative purposes only.
米国の「疾病対策センター(CDC: Centers for Disease Control and Prevention)」が、「2017年における銃関連の死亡者数が39,773名に達した」と発表した。
これは1979年の統計開始以来で最悪の数値となり、単純計算でも1日当たり109名が命を落としたことになる。この約4万名の中には殺人、不審死、不測の事態による死亡、戦死、法執行によるものが含まれているとのこと。

CNNによると、「約2.4万名が『自殺』であるとし、18年間で最悪の割合になる」「20年足らずの間に2.9万名が銃により死亡していることからも、2017年度が年平均値を1万名以上と大きく上回っている」と示されている。

Source: Gun violence has reached a 40-year high. It’s time for the federal government to invest in research into this public health epidemic., CDC: Nearly 40,000 people killed by firearms in 2017

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得
インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札
アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得 (2019-04-25 13:13)
 インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札 (2019-04-24 17:37)
 アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入 (2019-04-23 19:08)
 米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像 (2019-04-23 18:48)
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop