NEWS

カナダ国防省が新型汎用機関銃「C6A1 FLEX」×1,148挺をコルトカナダから購入すると発表

海外軍事 Comments(0)
カナダ国防省が新型汎用機関銃「C6A1 FLEX」×1,148挺をコルトカナダから購入すると発表
Photo: C6A1 Prototype from National Defense and the Canadian Armed Forces
カナダのハルジット・サジャン(Harjit Singh Sajjan)国防相は26日、コルトカナダ(Colt Canada)から新たな汎用機関銃(GPMG: General Purpose Machine Guns)となる「C6A1 FLEX(=flexible)」の購入を発表した。調達数量は、1,148挺が見込まれている。

30年に渡って運用された現行のC6機関銃は、経年劣化により順次退役が進められており、今回の新規調達によって刷新が図られることになる。
新型C6A1 FLEXは、兵士によって運搬または戦術装甲偵察車輌への取り付けを見越したデザインとなり、木製パーツを使用していた旧型から耐久性の高いポリマー樹脂製の銃床を配した点に特徴を持つ他、精確な射撃に役立つ光学照準器の取り付けがおこなえる。

この新たな調達契約によって、コルトカナダ社は13の新たな職が生まれ、100名の雇用に繋がるとしている。

また国内紙によると、契約はクリーニングキットや補修パーツ、運搬用ストラップなどを含めて3,210万カナダドル(=約28億7,000万円)の案件であったとし、その第一陣は2018年9月に、最終は2019年6月にデリバリーされる見込であることが報じられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop