中国 BB King 製の超重量「0.45g」の 6mm BB弾

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Capture screen: BB King airsoft BBs factory
日本国内のサバゲで使われているBB弾は0.2gが主流。
0.25gや0.28gのユーザーがそれに続くといったところでしょう。

Capture screen: BB King airsoft BBs factory
しかし、中国浙江省の BBKing のランナップには「0.45g」という超重量弾があります。
サイズは5.95+/-0.01 mmで樹脂製。バイオ弾ではありません。

ちなみに1パックが1,000発入りなので重さは4.5kg。いうまでもありませんが0.2g弾の2倍以上の重さになります。

正直、日本国内のパワーでは飛距離は期待できませんが、海外で使えばそこそこ行けちゃうんでしょうか。逆にいえば、この超重量弾がビシビシ飛び交う海外のサバゲ(エアソフト)はどれだけハイパワーなのかと・・・。

Text: 乾宗一郎 - FM201609

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
 リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表 (2018-12-04 15:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop