NEWS

中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か

海外軍事 Comments(0)
戦況を一変させる「透明マント」は現実のものとなったのか―。
中国のウェブユーザーが、ヒトの体をスッポリと包み、周囲の環境と完全なまでに溶け込ませる光学迷彩を使った映像を投稿し話題となっている。

中国版ツイッター「微博」に投稿されたこの映像は、公安部刑事局の陈士渠(Chen Shiqu)副局長が公式微博アカウントを通じて「この量子迷彩服を着ることで人々は視認されることがなくなる」「この技術は軍用のステルス戦闘服として活用され、ナイトビジョンゴーグルでも見えない」と紹介したことから一気に拡散。その後、英語圏のタブロイド紙にも飛び火している。

A screenshot from 陈士渠 official Weibo channel
一方で映像については当初から「CGではないか」という声も挙がっていた。このことについては、映像製作企業の「クアンタム・ビデオ」社でプロデューサーを務めているZhu Zhensong氏が中国共産党上海委員の機関紙「解放日报」に対して「"透明マント"など無かった」と語っていることからも明らかになっている。

英国タブロイド紙によると、Zhensong氏は、「ビデオは編集され、青色または緑色のプラスチック布で撮影されていた」「今まで多くのアクション映像であったように、アドビの"アフターエフェクト"のような映像編集ソフトを使って背景と溶け込むような編集がおこなわれている」と紹介している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop