MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定

海外軍事 映画・テレビ Comments(0)
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
Photo by Cpl. Jesus Sepulveda Torres
This photo is for illustrative purposes only.
米海兵隊特殊作戦司令部(MARSOC)の新プロモーション映像製作の主要事業者に、バージニア州アポマトックスの製作会社『コロニアル・システムズ社(Colonial Systems LLC)』が選定された。

関連記事:
米海兵隊特殊作戦司令部が精鋭「CSO」の獲得を狙ったプロモーション映像『This Is MARSOC』の製作を計画
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
Photo by Senior Airman Joseph Pick
This photo is for illustrative purposes only.
精鋭『レイダース(Raiders)』隊員の獲得を狙った新たなプロモーション映像の製作が主な要件となっており、映像だけでなく静止画撮影も含めたマーケティングおよび広告の年間キャンペーン計画の支援が求められている。このキャンペーンでは、MARSOCの中でマリーン・レイダー隊員として従事する全ての事柄にフォーカスを当てるという。

コロニアル社の業務執行役員ネイサン・シンプソン(Nathan Simpson)氏は受注獲得に当たって、「当社は公共部門のクライアントに対して高品質のマルチメディアデザインと映像撮影サービスを提供している」「民主主義のシステムを支持し維持することは、組織としての私たちの責任だと感じている」「創造的なストーリーテリングは、我々の偉大な国家を支援し守るため、何世代にも渡って国民を奮い立たせるものと信じている」と語っている。

今回の契約でコロニアル社が獲得する金額は18.5万ドル(=約2,000万円)。MARSOCが昨年3月に発出した見積依頼書には、『This Is MARSOC』とタイトルが付けられ、「10~15分程度」の映像であることが求められている。

Source: Colonial Systems Selected as Prime Contractor for U.S. Marine Corps Special Operations Command Promotional Production., Video/Photo Support

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop