NEWS

コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売

海外軍事 Comments(0)

Photo By: Cpl. Michael Dye
This photo is for illustration purposes only.
M4やM16自動小銃の銃身の下に装着する「M203グレネードランチャー」が民間向けに市販される。形状の似た「クローン」の37mmランチャーはいくつか存在しているが、コルト社の純正品の販売は初めてとなる。
アメリカの法律では40mmグレネードとその発射器は規制対象となっており、軍や法執行機関でなければ所有できない。しかし37mmであれば、信号弾、鳥獣避けの騒音弾、煙幕弾など対人・対物弾頭以外のものを発射するのに限り、規制対象外となっている。これを利用し、本来40mmであるM203の銃身を37mmに絞って発売される。刻印は軍用向けと同じ「LAUNCHER, GRENADE M203 40MM」となる。

9インチ(約23cm)と12インチ(約30cm)銃身の2バージョンがあり、標準小売価格は3500ドル(約39万円)から。マウントは別売りとなっている。

Source: Colt M203 37mm Grenade Launcher | M4 Profile 12" Barrel

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop