NEWS

ダーイシュ(IS)が使用した武器・弾薬の製造国別ランキングが発表。イラク国内の武器は中国製が突出

海外軍事 Comments(0)

Image from Conflict Armament Research (CAR)
英国ロンドンに拠点を置く「紛争兵器研究所(CAR: Conflict Armament Research)」が、「ダーイシュの武器~イラク・シリアにおける3年間の調査」と題した報告書を提示した。同研究所では、2014年から現地調査をおこなっており、武器、弾薬、即席爆薬(IED)およびその原料となる化学物質など、40,000アイテムを収集し追跡調査を実施していた。
「イラク軍から鹵獲された米国製武器に対して多くの関心が寄せられているが、これらはダーイシュ支配下にあったイラク・シリア領内で利用された内の僅か2%に過ぎない」とした上で、「ダーイシュが展開した地域で使用された武器・弾薬の実に90%がワルシャワ条約機構に加盟していた国製のものであった」「中国製を筆頭に、ロシアや東欧製であった」と明かしている。


Chart: Conflict Armament Research (CAR)
イラク・シリアで採集された弾薬上位5種を示したグラフ。両地域ともにカラシニコフ式ライフルで使用される「7.62x39mm弾」が突出しており全体の7割ほどを占めていることが分かる。


Chart: Conflict Armament Research (CAR)
イラク・シリアで採集された武器の製造国別ランキング。
イラク領内では中国製の武器が全体の55%ほどを占めるという突出ぶりが示されている。一方のシリア領内に目を向けると、中国が20%越えとなるも、ロシアが僅かにそれを上回っていたことが示され、以下ルーマニア、ハンガリー製と続いている。


Chart: Conflict Armament Research (CAR)
イラク・シリアで採集された武器の年代別分布図。
冷戦体制とその崩壊を背景に、最も多かったのが80年代製となり、以下2000年代、70年代と続いている。


Chart: Conflict Armament Research (CAR)
イラク・シリアで採集された弾薬の製造国ランキング。
ロシア製、中国製がほぼ同割合で1位・2位となり全体の約半数を占めている。以下、ルーマニア、米国、ブルガリアが続いている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop