NEWS

イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に

海外軍事 Comments(1)
イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に
Photo from Constellis
This photo is for illustrative purposes only.
米国の防衛請負事業者である『コンステリス(Constellis)』社が、経営再編に向けて世界的なアドバイザリー投資銀行の「PJTパートナーズ(PJT Partners)」社に協力を求めている。

関連記事:
PMC「ブラックウォーター」の流れを汲む大手セキュリティー企業『コンステリス』社のトップ交代人事が発表
ウォールストリートジャーナルによるとコンステリス社は、イラク、アフガニスタンにおいて政府によって委託される警備任務の需要が減少することから財務危機に直面しており、12億ドル(約1,290億円)にも積みあがった負債の戦略的オプションを模索している。

コンステリス社は民間軍事会社(PMC)として名を馳せた『ブラックウォーター(Blackwater)』社直系の流れを汲む。2016年9月、コンステリス社は投資家コンソーシアム(連合事業体)である「アポロ・グローバル・マネージメント社(Apollo Global Management、LLC)」によって買収されている。

ブラックウォーター社のこれまでの経緯:
1997年 ブラックウォーター社が創業
2007年 イラクで事件を起こす(ニソア広場虐殺事件)
2009年 Xe Services LLCとして社名変更
2010年 プリンス氏が売却し、アカデミ社に変更
2014年 アカデミ社がトリプルキャノピーと合併し、コンステリス社が買収
2016年 投資家コンソーシアムのアポロ社がコンステリス社を買収

Source: Defense Contractor Constellis Taps PJT Partners for Restructuring

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる
アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
 アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定 (2020-03-19 19:26)
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる (2020-03-18 22:17)
 アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷 (2020-03-17 17:21)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
この記事へのコメント
何かと思えばトリプルキャノピーかよ

最大手でコレとか純PMC終わってんな
Posted by な | at 2019年10月10日 13:01
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop