『クライ・プレシジョン』が主要製品の料金改定を発表。3/15より適用

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Crye Precision
米国のプレミア装備メーカー『クライ・プレシジョン(Crye Precision)』社が、3月15日出荷分より適用する主要製品の料金改定を発表した。
7年以上に渡って材料費が年率4%高騰したことと、輸送費、人件費の急上昇がその理由に挙げられ多くの製品が値上げになる反面、一部は製造ラインの自動化や効率性・材料調達の向上などで値下げになるものもあるとのこと。

値下げ対象製品は下記の通り。

Jumpable Plate Carrier (JPC)
JPC 2.0
JPC 2.0 Swimmer Cut
JPC E-Doff Kit
CAGE Plate Carrier
NightCap
SkullCap
Peltor Adapter Set
Compact Assault Ghillie
AVS Customization Kit
AVS Low Profile Belt
GunClip
LVS 6x6 Tactical Soft Armor Pouch Set
LVS 6x9 Tactical Soft Armor Pouch Set


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop