ドッペルギャンガーの「モバイルサイクルトレーラー」でサバゲ用品もラクラク運搬

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

自転車移動のサバイバルゲーマーにとって朗報、ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)から、重く、嵩張る荷物でも楽々運搬できる「モバイルサイクルトレーラー」が新発売となった。希望小売価格は27,600円(別途税)。
このモバイルサイクルトレーラーの連結器には、ヒッチボール・カプラー(球体関節)が採用されており、牽引時の自転車の傾きにも対応している。そして工具を使わず自転車への取り付け・取り外しが可能となっている。

また、トレーラーは、スタンドアローンのカートとしても活用できるため、駐輪場とマンションを移動する際にも活躍しそうだ。またアウトドア環境下の荒地でも難なく走行できる、外径約30cmもの大型車輪を採用している点にも注目だ。

更には、最大積載重量15キログラムもの荷物の牽引を想定し、滑らかな曲線を持つ大型のグリップ採用している他、大きな荷物でも安定して運搬できるよう、丈夫な固定用ベルト2本が付属しているなど、アウトドアシーンで活躍すること間違い無い造りとなっている。

なお、トレーラーを牽引して公道を走行する際には、道路交通法の遵守はもとより、安全のためにも製品上の仕様や制限を守った利用が求められる。
※トレーラーをけん引すると「普通自転車」ではなく「軽車両」という扱いになり、歩道や自転車通行帯を走行することができない。

下記ドッペルギャンガー公式の製品ページには、その下部において、注意点を詳しくまとめて紹介しているので、購入を検討される方は、目を通しておく必要がありそうだ。

ドッペルギャンガー モバイルサイクルトレーラー(DCR347-BK)

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
 リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表 (2018-12-04 15:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop