ガスが不要なスプリング式グレネード「NUKE」が間もなく登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
セキトーが扱うDUEL CODE(デュエル・コード)から「NUKE(ニューク) スプリング・インパクトグレネード」がリリースされる。文字通りスプリング式のサバゲ用グレネードで、ガスや電池が不要、メンテナンスフリーというのがウリ。

Screen shot from Sekito YouTube channel
インパクトタイプ方式なので地面に落ちた衝撃によって約120発のBB弾を周囲に拡散するという。サイズは130x65φmm、重さは260g、素材は強化ナイロン樹脂、金属などなど。

「スプリング式でどれくらい飛び散るの?」と心配する向きもあるだろうが、動画を見る限りはかなり使えそうな印象だ。

6月下旬の発売予定で価格は12,500円ほど。
1万円オーバーということもあって大量に装備してポイポイ投げるという使い方は難しそうだが、インドアゲームなどでは最後の決め手となるウエポンになるかもしれない。

Text: 乾宗一郎 - FM201705

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
 リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表 (2018-12-04 15:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop