NEWS

ダーイッシュ (IS) が連合軍の航空機墜落を狙う「ビニール袋爆弾」の利用を呼び掛け。過去に「コンドーム爆弾」製造も

海外軍事 Comments(0)
ダーイッシュ (IS) が連合軍の航空機墜落を狙う「ビニール袋爆弾」の利用を呼び掛け。過去に「コンドーム爆弾」製造も
イラク、シリアに蔓延るダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL) が、「連合軍の航空機を墜落させよ!」を合言葉に、「ビニール袋 (plastic bag) 爆弾」のハウツー (how-to) 映像を公開。新派らへ同調するよう呼び掛けている。

この第一次大戦下の「阻塞気球 (barrage balloon, 防空気球) 」を真似たような爆弾は、どこにでもあるようなビニール袋と水素による「ガス気球」を形成させ、弾薬を包含させることで、原始的な航空機対策の爆弾としている。
航空機のエンジンにこれを吸い込ませることで、爆発を期待するというもので、何百ものビニール袋爆弾を上空へ放つことによって、支配地域の上空に「飛行禁止区域」を作成すべく、仲間たちにも呼び掛けている。

ISIS launches bizarre condom-bombs over the skies of Idlib hoping they will crash into Russian Jet
ダーイッシュは昨年にも似たような装置の製造を示す映像を作成しているが、その時はビニール袋ではなく、避妊具のコンドームが使用されていた。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop