東京マルイ製ガスショットガンM870/KSGに対応するサプレッサーがダルマ・カスタムから登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Daruma Custom
東京マルイ製ガス式ショットガン、「M870タクティカル」「KSG」に対応するサプレッサーが販売開始となっている。開発を手掛けたのは、2017年初頭に創業したばかりで名古屋に拠点を持つ新鋭のエアソフトパーツメーカー『ダルマ・カスタム(Daruma Custom)』。

Photo from Daruma Custom
元ネタとなっているのは、米ユタ州ウェストバレーシティに本拠を持つサプレッサーメーカー「サイレンサーコー(SilencerCo)」製『Salvo 12』だ。
Salvo 12は、量産品のショットガン用サプレッサーとしては世界初にして唯一の製品で、閉鎖された環境下では射手の聴覚に支障を来すことから、例年多くの人が足を踏み入れているハンティングやスポーツ射撃を主軸に、ホームディフェンスといったシチュエーション下での利用を想定し製品化に至っている。

関連記事:
SilencerCo、世界初の量産品 ショットガン用サプレッサー「Salvo 12」を発表

海外ショップのプレオーダー情報によると、「Daruma Custom SALVO 12 Silencer」は、全長215mm、全高220mm、全幅72㎜で、重量は634gとなっている。

Source: Daruma Custom FaceBook

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
 ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也 (2018-11-16 12:22)
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop