NEWS

イスラエルが米国の新興企業を通じて小型の武装ドローンを開発中

海外軍事 Comments(0)
イスラエルが米国の新興企業を通じて小型の武装ドローンを開発中
Photo from Duke Robotics
イスラエル軍が、小型マルチコプターに銃器を載せ、兵士を差し向けることなく敵テロリストへの攻撃を可能とする新たなドローン戦に向けた開発を、米国の新興企業を通じて進めている。
参考映像:Flying Gun
イスラエル軍特殊部隊で実戦経験を持つメンバーが、米フロリダ州のデューク・ロボティクス(Duke Robotics)社へ開発を持ち掛けている。目下の課題となるのは、ペイロードと発砲時の反動抑制の仕組みとのこと。

関連記事:
遠隔から発砲可能、10 代少年が自作したピストル搭載「武装ドローン」

イスラエルが米国の新興企業を通じて小型の武装ドローンを開発中
Photo from Duke Robotics
デューク・ロボティクスが独自開発で手掛けた「TIKAD」と呼ばれるロボット武器システムには、独創的な抑制発射と安定化対策が施されている。

兵士の損耗を限りなく抑えることができることからも、その実現に期待が寄せられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop