NEWS

イスラエルが米国の新興企業を通じて小型の武装ドローンを開発中

海外軍事 Comments(0)
イスラエルが米国の新興企業を通じて小型の武装ドローンを開発中
Photo from Duke Robotics
イスラエル軍が、小型マルチコプターに銃器を載せ、兵士を差し向けることなく敵テロリストへの攻撃を可能とする新たなドローン戦に向けた開発を、米国の新興企業を通じて進めている。
参考映像:Flying Gun
イスラエル軍特殊部隊で実戦経験を持つメンバーが、米フロリダ州のデューク・ロボティクス(Duke Robotics)社へ開発を持ち掛けている。目下の課題となるのは、ペイロードと発砲時の反動抑制の仕組みとのこと。

関連記事:
遠隔から発砲可能、10 代少年が自作したピストル搭載「武装ドローン」

イスラエルが米国の新興企業を通じて小型の武装ドローンを開発中
Photo from Duke Robotics
デューク・ロボティクスが独自開発で手掛けた「TIKAD」と呼ばれるロボット武器システムには、独創的な抑制発射と安定化対策が施されている。

兵士の損耗を限りなく抑えることができることからも、その実現に期待が寄せられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ国防総省と陸軍がM134ミニガン用保守部品に関する情報提供の告知
なぜ特殊部隊員たちはチームを去ってしまうのか……モチベーションの維持に悩む米軍
イスラエル軍の兵士がキノコ型ヘルメットカバー「ミツネフェット」をかぶる理由
コンゴ動乱で活躍した伝説的傭兵部隊の創設者、マイク・ホアー氏が100歳で死去
知られざる米特殊部隊の予備役
米海軍と海上自衛隊の兵站相互運用スタート
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ国防総省と陸軍がM134ミニガン用保守部品に関する情報提供の告知 (2020-02-21 17:34)
 なぜ特殊部隊員たちはチームを去ってしまうのか……モチベーションの維持に悩む米軍 (2020-02-20 21:55)
 イスラエル軍の兵士がキノコ型ヘルメットカバー「ミツネフェット」をかぶる理由 (2020-02-19 19:29)
 コンゴ動乱で活躍した伝説的傭兵部隊の創設者、マイク・ホアー氏が100歳で死去 (2020-02-18 18:19)
 知られざる米特殊部隊の予備役 (2020-02-17 11:19)
 米海軍と海上自衛隊の兵站相互運用スタート (2020-02-16 09:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop