カリフォルニア州エルモンテ警察SWATがSIG製品を高評価。小銃、照準器、消音器、拳銃と一式を調達へ

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from SIG Sauer
カリフォルニア州エルモンテ警察のSWATが、携行火器の取得に向けた評価試験を始動。シグ・サワー社のプレスリリースによると、同社の他に、H&K、グロック、FNからそれぞれ9mm、45口径のピストルが持ち込まれところ、シグ社の製品が他を圧倒する高評価を得たことが示されている。

Photo from SIG Sauer
This photo is for illustration purposes only.
シグから提出されたのは、9mmピストルのSIG P226、P229、45口径モデルのSIG P220。「SWAT隊員らが探し求めていたものを更にアップグレードした機能が備わっていた」という。


Photo from SIG Sauer
This photo is for illustration purposes only.
ピストルだけでなく、5.56mm NATO弾を使用するサプレッサー装着対応のライフルも併せて探し求めていたところ、「SRD556サプレッサー」を取り付けた『MCXライフル』が見事にSWATの要求に応えていたという。MCXについては、同社製の光学照準器である「ロメオ(ROMEO)4T」および「ジュリエット(JULIET)4マグニファイア―」が、当初の「買い物リスト」には無かったものの、「既存製品より優れている」として追加注文されることになっている。

SWATによる高い評価に注目した同署は、署員の携行火器において「シグ製品が最適な選択肢だ」と判断。署全体でシグ製のピストルを取得することになりそうだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop