レイルに取り付けたアクセサリを片手で扱えるAR-15用グリップ「SMRT Direct Action Grip」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
近年、ライトやレーザーといったアクセサリによって銃の機能を拡張するのはごく当たり前となった。しかしながら、これらのアクセサリはグリップを握らないサポートハンドによって操作されるようになっており、片腕を負傷した時などに使用することができなくなる。そうした場合に有用なのが、Enhanced Tactical Arms社の「SMRT Direct Action Grip」だ。

Photo from ETA
SMRTは「Sympathetic Movement Reduction Technique(訳:交感神経動作削減テクニック)」の略。
片腕を負傷した時だけでなく、戦闘中に負傷者を引きずり後退する時、通信機を操作する時、警護任務でVIPを掴んで動かす時、あるいは軍用犬のハンドリングを行う時など、銃を片手で扱わなければならないシチュエーションは多い。SMRTグリップはこうした際でもライトやレーザーを使用することを可能にするものだ。

本体はアルミニウム製。M4、HK416といったAR-15クローンには無加工で装着することができる。プレッシャースイッチをグリップ全部の凹部に装着し、配線をトリガーガードやマグウェル周辺から取り回すのが仕組みの概要。メジャーな規格のプレッシャースイッチの多くを使用することができるという。

Screenshot from ETA Youtube video
製品見本は2018年1月23日から26日にかけてラスベガスで行われるSHOTショーで展示される。プレオーダー開始は春の予定。既に一部の軍・警察特殊部隊で試用されているという。

Source: SMRT Direct Action Grip to Premier at SHOT Show 2018 - Soldier Systems Daily

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201801
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop