NEWS

フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開

海外軍事 Comments(0)
フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開された。数ある特殊部隊の動画の中でも、装備の研究や開発に関する動画は珍しい。

この動画には13RDP(第13連隊)と4RHFS(第4特殊部隊ヘリコプター連隊)が撮影協力したのだが、紹介された内容は二つの連隊の特性を反映したものとなっている。
13RDPは敵地での監視・情報収集を得意としており、動画では監視カメラや通信機器などのハイテクから、大きく重い荷物をパラシュート・ハーネスに接続するハーネスや解錠用品などのローテクまで見ることができる。

Screen shot from Ministère des Armées official YouTube channel
ミリタリーファンとして最も注目したいのは、ヘリコプターに装備された狙撃銃スタビライザーではないだろうか。これにより12.7mm口径の大型狙撃銃によるヘリコプターからの狙撃が非常に安定するだろう。なお、このスタビライザーのシーンでは、フランス陸軍特殊部隊の1RPIMa(第1海兵歩兵パラシュート連隊)やGIGNの隊員の姿も見られる。

特殊部隊は常に「新しいもの」「より良いもの」を模索し、日々進化している。

Text: ムッシュ・コナギ - FM201709

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop