NEWS

フェデラル・アミュニションが米海軍海上戦闘センター・クレーン局から『MK 318 Mod 0』弾・46.5億円を受注

海外軍事 Comments(0)
フェデラル・アミュニションが米海軍海上戦闘センター・クレーン局から『MK 318 Mod 0』弾・46.5億円を受注
Image from US Marine Corps
フェデラル・アミュニション(Federal Ammunition)社が、米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD: Naval Surface Warfare Center Crane Division)より5年間・4,100万ドル(=46.5億円)におよぶ弾薬の供給契約を受注した。
供給が決まったのは、「特殊作戦科学技術(SOST: Special Operations Science and Technology)5.56mm弾」として開発された『MK 318 Mod 0』カートリッジ(弾薬)。現行「5.56mm弾」を使用するウェポンシステムとの互換性を持ち、フェデラル・アミュニション社独自の「バリアー・ディフィーティング・プロジェクタイル」を利用している。62グレインのオープンチップマッチで鉛フリーの弾頭となり、既存「M855弾」と比べて、自動車の窓やドアなどの障害物越しにおける「バリア・ブラインド(barrier blind)」での交戦に優れた設計となっていることが特徴に挙げられている。

関連記事:
アメリカ陸軍と海兵隊の5.56mm弾薬が違うのはナゼか? 上院・下院が報告書を要求

今回の契約では、数量未定(IDIQ)の下で結ばれており、2019年初頭より出荷が始まり、「海軍」および「海兵隊」の部隊に向けて配備される。

関連記事:
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約

Source: Federal Ammunition Receives Five Year, $41 Million Ammunition Contract for United States Navy

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得
インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札
アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得 (2019-04-25 13:13)
 インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札 (2019-04-24 17:37)
 アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入 (2019-04-23 19:08)
 米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像 (2019-04-23 18:48)
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop