フィンランド国防軍がAimpoint Micro T-2レッド・ドットサイト購入を発表

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Aimpoint
フィンランド国防軍は14日、「NATO支援・供与庁(NSPA: NATO Support and Procurement Agency)」における645万ドル(=約7億2,600万円)の調達計画を通じて、「エイムポイント マイクロT2レッド・ドット・サイト(Aimpoint Micro T-2 Red Dot Sights)」の購入を発表した。

Photo from Finnish Defence Forces
エイムポイントのマイクロT2レッド・ドットサイトは、「Taistelija(=戦士)開発計画」の一部で、同国防軍の制式小銃である7.62×39mm弾を使う「Rk62」の現代化改修策として投じられる。この導入によって照準速度の高速化と低照明下での有用性向上に寄与することが期待されている。2018年末までの調達が見込まれている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop