NEWS

H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名

海外軍事 Comments(0)
H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名
Photo from Heckler & Koch (H&K)
「破産」の恐れを報じられたドイツ銃器メーカー『H&K』社が、次なる一手に打って出た。「スーパーバイザリー・ボード(監査委員会)」の議長(Chairman of Supervisory Board)に、連邦軍(Bundeswehr)軍人の最高位である役職を務めた人物が充てられることが分かった。

関連記事:
H&K社に『破産』の恐れ。「事業活動の継続に関連する重大な不確実性がある」監査法人が警告
スーパーバイザリー・ボードは、「執行役」の選任、監督を担い、また「執行役」に助言を与え、企業の重要な意思決定に直接関与する。またその議長は、当該スーパーバイザリー・ボードの業務を調整する。

H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名
Photo from North Atlantic Treaty Organization (NATO)
国内紙ヴェルトによると、ディーター・ジョン(Dieter John)氏に代わって議長に就任するのは、第13代「連邦軍総監(GenInspBw)」を務めた『ハラルド・クヤート(Harald Kujat)』元空軍大将(77歳)。
同紙は「経営難の同社は運命の決断に直面している」とした上で、今回の人選については『人前にあまり出ることの無い(public-shyな)大株主であるアンドレアス・ヘーシェン(Andreas Heeschen)氏によるものだ』としている。

関連記事:
Heckler&Koch社のオーナー兼大株主が同社再建のために79億円の自己資金を投入へ

同紙はまた「クヤート氏は連邦軍ならびに武器調達構造のエキスパートだ」とし、選定過程の難航している「G36」後継小銃の受注獲得を目指す動きにあることを示唆している。

関連記事:
「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判

Source: Militärexperte Kujat soll Heckler & Koch kontrollieren, ドイツ・コーポレートガバナンス・コード(仮訳), Dieter John, General Harald Kujat

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される
ロシア国営「ロステック」社が新口径の小火器開発を視野に、米軍の6.8mm「NGSW」開発を注視
L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始
米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出
メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している
ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される (2019-10-21 17:37)
 ロシア国営「ロステック」社が新口径の小火器開発を視野に、米軍の6.8mm「NGSW」開発を注視 (2019-10-18 17:07)
 L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始 (2019-10-16 18:38)
 米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出 (2019-10-11 12:16)
 メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している (2019-10-10 17:33)
 ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入 (2019-10-10 16:01)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop