NEWS

オサマ・ビン・ラディン容疑者の追跡を担当した元SAS連隊長が英陸軍の新参謀総長に就任

海外軍事 Comments(0)
オサマ・ビン・ラディン容疑者の追跡を担当した元SAS連隊長が英陸軍の新参謀総長に就任
Photo from UK Army
This photo is for illustrative purposes only.
©2018 Crown Copyright
英陸軍トップの「参謀総長(CGS: Chief of the General Staff)」に、特殊部隊『SAS(Special Air Service)』を率いた経歴を持つ、マーク・カールトン-スミス(Mark Carleton-Smith)中将が任命された。現職参謀総長のニック・カーター大将(General Sir Nick Carter)は、3月付で「国防参謀長(CDS: Chief of Defence Staff)」に任命されている。
オサマ・ビン・ラディン容疑者の追跡を担当した元SAS連隊長が英陸軍の新参謀総長に就任
Photo from UK Ministry of Defense (MoD)
© Crown copyright
カールトン-スミス中将は現在54歳。
1986年、アイルランド近衛連隊(Irish Guards)への入隊を機に軍でのキャリアをはじめた。コソボ戦争を経験後、2002年に第22SAS連隊(正規軍)の連隊長に就任。SASではイラク、アフガニスタンを経験した他、9.11以降のオサマ・ビン・ラディン(Osama bin Laden)容疑者の追跡を担当していたと言われている。
2007年には陸軍に転換し、第16空中強襲旅団の司令官となり、2012年に特殊部隊のトップ(director of special forces)に、また2016年には国防副参謀長(deputy chief of the defence staff)とそのキャリアを積み上げている。

ギャビン・ウィリアムソン(Gavin Williamson)国防長官曰く、「カールトン-スミス中将は、イラクやシリアでのダーイシュ(Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL)を相手にした一連の軍事作戦をはじめ、国内外問わず我が軍における数多くの作戦で主導的な役割を担ってきた」と語り、「現在置かれた状況の中、陸軍の近代化を図る上で欠かせない人物であり傑出したリーダーだ」と評価している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判
米マーシャル『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画。「10年間で最も満足する製品」と高評価
米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出
フランス海軍特殊部隊「コマンドー・ユベル」の隊員2名がブルキナファソの人質救出作戦で戦死。人質4名を救出
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
 「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判 (2019-05-17 19:15)
 米マーシャル『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画。「10年間で最も満足する製品」と高評価 (2019-05-17 17:51)
 米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出 (2019-05-14 15:37)
 フランス海軍特殊部隊「コマンドー・ユベル」の隊員2名がブルキナファソの人質救出作戦で戦死。人質4名を救出 (2019-05-13 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop