NEWS

米陸軍の兵士 6 名と民間人 2 名が総額 1 億円以上の装備品を eBay で不正転売した罪で起訴

海外軍事 Comments(0)
米陸軍の兵士 6 名と民間人 2 名が総額 1 億円以上の装備品を eBay で不正転売した罪で起訴
Photo By: Master Sgt. Michel Sauret
Image is for illustration purposes only.
米陸軍の複数の兵士と民間人らが共謀し、軍が所有する装備品をインターネットを通じて不正に転売した罪で一斉に起訴された。

関連記事:
サーマルサイトやナイトビジョンなど 890 億円超の米軍の先進装備品が eBay などで不正転売
起訴されたのは、陸軍フォート・キャンベル基地に所属する兵士 6 名と民間人 2 名の計 8 名。フォート・キャンベル基地は、第 101 空挺師団や第 160 特殊作戦航空連隊、第 5 特殊作戦群の本拠地として知られる。

起訴状によると、犯行は 2013 年から 2016 年までおこなわれており、銃器関連製品、レーザー照準器、光学照準器、無線通信機などがネットオークション eBay を通じて不正転売されていた。


明らかとなっている物品のリストは以下の通り

・M203 グレネードランチャー用照準器
・M249 機関銃用パーツ (マガジンアダプター、ヒートシールド、バレルアッセンブル× 30 セット)
・ボディーアーマー
・スナイパー用スコープ、三脚、ライフルマウント
・コンバットヘルメット、フライトヘルメット

なお、不正に転売されたこれら装備品の総額は 100 万ドル (=約 1 億円) 以上にも及ぶとされる。また、判明している限りの売却先は米国内の他、ロシア、中国、香港、カザフスタン、ウクライナ、リトアニア、モルドバ、マレーシア、ルーマニア、メキシコなどが上がっている。

共謀容疑の各被告 (兵士 6 名) には、最大で懲役 5 年と 25 万ドル (=約 2,500 万円) の罰金が言い渡される (主犯格の兵士は懲役最大 10 年) 可能性がある。

一方の民間人 2 名の内の 1 名は有線通信不正行為 (wire fraud) と武器輸出管理法 (AECA: Arms Export Control Act) 違反の罪で最大 20 年の懲役が、またもう 1 名の民間人は不正資金浄化 (マネーロンダリング) の罪で追加 20 年の懲役が言い渡される可能性もあるという。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop