NEWS

フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用

海外軍事 Comments(0)
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用
近年、急速に小火器の刷新を進めているフランス陸軍が、新たにセミオート狙撃銃(FPSA)として、FN社のSCAR-H PR 7.62×51mm小銃を2,600丁採用する。

SCAR-H PRは分隊の行動をサポートする、いわゆるDMR(選抜射手小銃)として採用される。SCAR-Hは他国でもDMRとして使用されており、アメリカ軍特殊部隊もMk.20 SSR(狙撃手支援小銃)として採用している。
FPSAセットアップのSCAR-H PR。「PR」は精密射撃仕様を指す。昼間用光学機器としてシュミット&ベンダー社の1-8×24 PM II Dual CCが、Era Tac社の20MOAマウントを介して取り付けられる。サイレンサーはB&T社のRotex-Vが採用された。
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用

また、クリップオンサーマルサイトとして、ベルギー・OIP Sensor Systems社のTIGRIS-IRも同時に採用された。
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用

配備キット。
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用

セミオート狙撃銃選定は2018年8月頃から行われており、当初はH&K社のHK417や、Verney-Carron社のVCD-10、PGM社、シグ社なども候補となっていたようだ。しかし生産キャパシティ問題や調達価格、そしてアメリカ資本・製造の企業ではITARによる輸出規制などの問題があり、ベルギーのFN社に決定したと言われている。

H&K社のHK417
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用

Verney-Carron社のVCD-10
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用

SCAR-H PRは、1986年からフランス陸軍が使用しているFR-F2狙撃銃をリプレイスするものとなる。FAMASとともにフランス軍らしい火器がまた1つ、その役目を終える。
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用

Source: Nouveaux pistolets semi-automatique et fusils de précision pour les militaires français, Trois entreprises de la Loire lorgnent sur le futur fusil de précision de l'armée

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM202001
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop