NEWS

フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し

海外軍事 Comments(0)

Photo from French Ministry of Armed Forces
This photo is for illustrative purposes only.
フランス軍特殊部隊がイエメンの地を踏み展開していることが分かった。国内紙フィガロが報じている。ロイター通信によると、国会議員1名から軍特殊部隊の展開を裏付ける証言を得ている。
イエメンでは、米国の同盟国でありスンニ派の大国であるサウジアラビアを筆頭に、クエートなど11ヶ国が「連合軍」を形成してフーシ(Houthi)を攻撃。一方、シーア派のイランやヒズボラが、同じシーア派系列のフーシを支援し、「サウジ v.s. イラン (アラブ v.s. ペルシャ) 」の代理戦争となって激化。

フランスは米・英と共にアラブ連合を後押しし、サウジアラビアとUAEに対して武器の提供をおこなっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop