NEWS

「フランス政府機関」がFN社のサブコンパクトSCAR自動小銃を導入か

海外軍事 Comments(1)
「フランス政府機関」がFN社のサブコンパクトSCAR自動小銃を導入か
アメリカの大手銃器情報ブログ、The Firerm Blogが「あるフランス政府機関がFN社の5.56×45 mm.SCAR-SCを購入した」と報じている。
SCAR-SCはFN社のSCAR自動小銃のサブコンパクト(SC)版。7.5インチ銃身を採用しており、伸縮式銃床を伸ばしきっても653mmしかない全長が特徴となる。
「フランス政府機関」がFN社のサブコンパクトSCAR自動小銃を導入か

また標準サイズ版と違い、チャージングハンドルがボルトの前後動と連動することがなく、短い銃床を用いても体や衣服がチャージングハンドルをブロックすることがない。5.56mm口径とともに.300BLK口径版も存在し、小さくも十分な火力を発揮できるようになっている。

「政府機関」がいかなる組織であるか確定的な情報はない。しかし、国家憲兵隊GIGNは、あらゆるメーカーの多種多様な火器を用いることで知られており、これが第1の候補であると考えられる。

Source: French Government Unit orders the FN SCAR-SC -The Firearm Blog

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM202001
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ国防総省と陸軍がM134ミニガン用保守部品に関する情報提供の告知
なぜ特殊部隊員たちはチームを去ってしまうのか……モチベーションの維持に悩む米軍
イスラエル軍の兵士がキノコ型ヘルメットカバー「ミツネフェット」をかぶる理由
コンゴ動乱で活躍した伝説的傭兵部隊の創設者、マイク・ホアー氏が100歳で死去
知られざる米特殊部隊の予備役
米海軍と海上自衛隊の兵站相互運用スタート
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ国防総省と陸軍がM134ミニガン用保守部品に関する情報提供の告知 (2020-02-21 17:34)
 なぜ特殊部隊員たちはチームを去ってしまうのか……モチベーションの維持に悩む米軍 (2020-02-20 21:55)
 イスラエル軍の兵士がキノコ型ヘルメットカバー「ミツネフェット」をかぶる理由 (2020-02-19 19:29)
 コンゴ動乱で活躍した伝説的傭兵部隊の創設者、マイク・ホアー氏が100歳で死去 (2020-02-18 18:19)
 知られざる米特殊部隊の予備役 (2020-02-17 11:19)
 米海軍と海上自衛隊の兵站相互運用スタート (2020-02-16 09:55)
この記事へのコメント
世界の銃器はFN.SIG.HKの三択しかない。
Posted by P7 | at 2020年02月02日 17:13
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop