オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催

海外軍事 イベント開催情報 Comments(0)
「彼ら」の活動は秘密のヴェールに包まれ、その任務は機密扱いに分類される。そしてその身元は堅く保護されている―そう「彼ら」はオーストラリア軍特殊部隊の精鋭隊員。国益の為、国民の生命・財産を守り、人知れず同盟国支援の作戦にも従事する…。

Photo from Australian War Memorial

首都キャンベラ近郊にある「戦争記念館(Australian War Memorial)」で18日、軍特殊部隊の戦史にスポットライトを当てた特別展「フロム・ザ・シャドウズ:オーストラリアの特殊部隊(From the Shadows: Australia’s Special Forces)」が始まった。

展示会では、西オーストラリアの特殊部隊「SASR(Special Air Services Regiment)」、第1、2コマンド連隊と特殊作戦工兵連隊における現代戦史や、熟練ジャーナリストによるインタビュー内容も展示される。


Photo from Australian War Memorial
第二次大戦から現代のアフガニスタンまでカバーするもので、精鋭隊員らが着用した戦闘服や戦地に持ち込まれた各種の装備品など、660以上の展示品目を数えている。その大部分は今まで一般公開されたことの無いものが含まれるという。

この特別展は、来年同日までの1年間、午前10時から午後5時まで毎日公開される。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop