新機軸の電子制御トリガーユニット・TITANは要チェック!

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ここ数年、電動ガンの電子制御化が進んでいます。
標準搭載のモデルだけでなく、DTMやASCUといった「後付けの電子制御トリガーユニット」が普及し「どんなもの」で「どのようなメリットがあるのか」などはよーくご存じの人も多いでしょう。

そんな中、GATEから登場したドロップイントリガーシステム・TITANは興味深い独自のシステムとなっています。

TITAN drop-in Trigger System / GATE
公式web(http://gatee.eu/products/programmable/titan

見ての通りver.2用で、トリガー部に組み込む上下2枚の基板という構成になっています。
そしておもしろいのはここ。

TITAN drop-in Trigger System / GATE
トリガーとセクターギアの動きをセンサーで検知します!
従来の製品では物理的なスイッチ(マイクロスイッチなど)が主流で、一部のモデルで磁気センサーが使われていましたが、TITANのようにギアとトリガーが共に非接触というシステムはなかったはず。
従来の電子御基板が壊れるのはたいていトリガースイッチの破損によるものだったので、非接触式になるとこの部分が壊れることがなくなります。つまり耐久性が超アップ!

また、トリガーがセンサー式になったことによる、もう1つのメリットもあります。
TITAN drop-in: Trigger Sensitivity Adjustment
センサー部の感度を設定して、結果的にトリガーレスポンスを調整できるのです。
ほとんど遊びのない詰めた状態から余裕を持ったポジションまで、好みに応じたレスポンスに設定できるわけです。

もちろん、電子制御ならではの多彩な動作モードの選択もメリット。
TITAN drop-in: Configurable Fire Selector
ハイレスポンスによる高速3バーストとか夢が広がりますね!
なお、他の細かな設定もUSBポートを通して可能とのことです。

このように電子制御基板としては最新のTITAN。
2016年の秋発売とのことなので、興味のある人は今から要チェックです。

Text: 乾宗一郎 - FM201608

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない
台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場
ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定
ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売
シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表
【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売
 2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない (2019-01-16 17:19)
 台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場 (2019-01-16 13:29)
 ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定 (2019-01-11 13:59)
 ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売 (2019-01-11 13:49)
 シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表 (2019-01-08 16:09)
 【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売 (2019-01-07 09:00)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop