NEWS

GIGN、RAIDや軍特殊部隊に航空機動力を提供するフランス軍の統合ヘリコプター群「GIH」

海外軍事 Comments(0)
フランス軍のヘリコプター部隊「GIH(Groupe Interarmees Helicopteres=全軍統合ヘリコプター群)」の動画が公開された。

GIHは2006年よりパリ近郊に駐屯し、テロ対策などフランス国内や海外フランス領における治安維持のために活動してきた。国家憲兵隊特殊部隊GIGNや国家警察特殊部隊RAIDとの共同任務は言うまでもなく、コマンドマリーンなど陸海空軍の特殊部隊とも任務遂行が可能である。

Screen shot from Ministère des Armées
なお、GIHの愛称は「Cerberes(セルベル)」といい、ギリシャ神話に出てくる三つの頭を持つ犬の怪物「ケルベロス」を意味する。

この動画の中では、GIGNとの共同訓練が紹介されているが、GIGNの最新装備を見ることができ、興味深い。最新のアサルトスーツやベスト、ヘルメットなど、従来のGIGNのイメージと異なる姿は注目に値する。

Text: ムッシュ・コナギ - FM201708

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop